映画でイギリス英語♪映画キャッツ(CATS)【夜のロンドンが舞台】

イギリス英語を映画で楽しもう!映画キャッツで夜のロンドンの旅へ!

大人気ミュージカルのキャッツという作品が、なんと2019年に実写版となり公開されました。

ミュージカルのキャッツは劇団四季やロンドンやNYで観たことがあるという方で、実写化が想像できないけど映画が気になるという方や…

ミュージカルキャッツは聞いたことがあるけれど、一度もミュージカルを観に行ったことがないので、観劇の前に映画を観たいという方…

そんな方におすすめなのが、
実写版の映画「キャッツ(CATS)」です。

この映画キャッツは夜のロンドンが舞台です。

ロンドンに一度でも行ったことがある人は、必ず見たことがあるような観光地のあれやこれが映画の中で出てきますので、ロンドンが恋しい人が見ても楽しめる映画です。

この記事では、この映画キャッツのあらすじ、キャスト、私が観た感想についてご紹介しますので、イギリス英語を学びつつこの映画についての情報を知りたい方はぜひ参考にしてください。

映画キャッツのあらすじ

満月の夜、若く臆病な白ネコ・ヴィクトリアは、迷い込んだロンドンの片隅のごみ捨て場で個性豊かな“ジェリクルキャッツ”たちに出会う。

猫にもそれぞれ性格があり、ぐうたらな猫、ワイルドな猫、お金持ちでグルメな猫、勇敢な兄貴肌の猫、不思議イな力を持つ長老猫、鉄道猫…など。

さまざまな猫との出会いのなかで、自分らしい生き方を見つけていくヴィクトリア。

そして今宵、、一夜だけの特別な舞踏会が始まり、そこでは新しい人生を生きることを許される一匹の猫が選ばれる…。さぁ、どの猫が選ばれるか。

映画キャッツのキャスト

それでは、映画キャッツのキャストをご紹介します。

バストファージョーンズ役(タキシード猫)

ジェームズ・コーデン
・ロンドン生まれ
・映画ピーターラビットでピーターの声役
・イントゥ・ザ・ウッズ、はじまりのうたなどの映画に出演。
・CARPOOL KARAOKE, THE LATE LATE SHOWの司会を務める

オールドデュトロノミー役(長老猫)

ジュディ・デンチ
・イングランド・ヨークシャー州生まれの女優。
・映画007シリーズのM役を13年務める

マキャヴィティ役

イドリス・エルバ
・ロンドン生まれ
・俳優兼DJ
・アベンジャーズ、ワイルドスピードなどに出演。

ガス役(劇場猫)

サー・イアン・マッケラン
・イングランドランカシャー出身
・部隊と映画で活躍する俳優
・ロードオブザリング、ダヴィンチコード、ホビット、美女と野獣などの映画に出演。

ヴィクトリア役(白猫)

フランチェスカ・ヘイワード
・ケニア ナイロビ生まれ
・2歳のときに英国に移住
・英国ロイヤルバレエ団のプリンシパル

以上の方々がイギリス英語を話すイギリス人俳優のキャストです。イギリス英語を聴きたい場合は、このキャストの話すときに耳を澄ませて聞いて、英語学習にお役立てください。

以下の俳優も実力派俳優揃いです。

グリザベラ役

ジェニファー・ハドソン
・幼い頃からミュージカルに出演
・アメリカンアイドル出身
・映画ドリームガールズで有名な女優兼歌手。

ボンバルリーナ役

テイラー・スウィフト
・アメリカ ペンシルベニア州出身
・世界的に人気な歌手ときどき女優

ジェニエニドッツ役

レベル・ウィルソン
・オーストラリア出身
・女優兼コメディアン
・ピッチパーフェクト、ナイトミュージアムエジプト王の秘密などの映画に出演。

スキンブルシャンクス役(鉄道猫)

スティーブン・マックレー
・オーストラリア生まれ
・英国ロイヤルバレエ団のプリンシパル

ご紹介したキャストはみなさん猫の姿になっています。どこまでがCGかご本人の動きかは分からないように仕上がっています。

個人的には、映画の中で唯一ほぼ顔がはっきりと映っていなくて、全身だけ映っていた鉄道猫が一番人間ぽくなくて、お話の中の猫!という印象を受けました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Steven McRae(@stevenmcrae_)がシェアした投稿


こちらが鉄道猫のシーンの一部です。

他の方は有名すぎて顔を見ると人間ぽさを感じてしまうのは否めないです。

犬顔というよりは猫顔よりのお顔の方がキャストに選ばれているのは映画を観てとても感じますので、確かに猫っぽいお顔だなと思いながら映画を観るのも楽しそうですね。

きっと猫を飼っている人なら、うちの猫はこの猫に似ている!と似た猫を見つけたりといった違った映画の楽しみ方もできるでしょう。

映画キャッツの感想

ミュージカル「キャッツ」を観たことがないので、比較はできませんが、映画単体としてストーリーもシンプルで分かりやすく、猫の生態やロンドンの夜の街、猫のキャラクターごとに異なる歌やダンスを楽しむことができました。

人の人生と同じように、猫にも猫生があって、過去や環境や性格は猫それぞれだということ。

特に印象深かったのは、メモリーを歌うグリザベラ役のジェニファー・ハドソン。心の奥底からの歌いっぷりにとても感動し、グリザベラの心境を見事に表現していて圧巻でした。過去の栄光がない人でも、明日の扉を開く勇気がもらえる、そんな情熱的な歌「メモリー」でした。

キャッツの情報を全く知らないで映画を観たら、ロンドンの有名な場所が映画にどんどん出てくる点が個人的にとてもわくわくして楽しめました。

例えば、冒頭のピカデリーサーカスのエロス像がとても幻想的な雰囲気の中にあり、普段人が多い場所なので新鮮でした。

終盤の夜明けに差し掛かるころ、トラファルガースクエアで、ナショナルギャラリーを背後に、ライオン像の周りで猫たちが歌ってダンスするシーンもなんだかジーンと心に来るものがありました。
これから新しいことが始まるようなエネルギーがライオン像と猫たちから放出されている感じがしました。

映画キャッツは基本的には歌とダンスがメインで、リズミカルなジェリクルキャッツなどの歌や軽快なダンスを楽しむとともに、ロンドンの観光地めぐりも楽しめる作品でした。

映画キャッツはロンドンの観光地を見ることが出来る映画!

今回は、イギリス英語を聴くことができる映画「キャッツ(Cats)」についてご紹介しました。

歌やダンスがメインですので、お子様も大人もみんなが楽しめるミュージカル映画「キャッツ(CATS)」。

イギリスの首都ロンドンの夜が舞台ですので、ロンドンに行ったことがある方はロンドンのあの場所だ!と思い出す楽しみ方もできます。

また、ロンドンに行ったことがない方は、ロンドンにはこのようなスポットや像があるんだなとロンドン情報を知ることができる作品でもあります。

イギリス英語を話すキャストも出演していて、ロンドンに思いをはせながらイギリス英語を聴いて、楽しい歌とダンスでキャッツの世界観を堪能しましょう。

>>キャッツをU-NEXTで見る
.
>>キャッツをAmazon Primeで見る
.
キャッツは猫を飼っている人も、猫を飼っていない人も楽しめる映画です。まだ観ていない人はぜひおうち時間に夜のロンドンが舞台の猫の世界「キャッツ」をお楽しみください。

関連記事

映画でイギリス英語を楽しもう♪007スカイフォールの感想やキャスト

イギリス英語教材になる映画はイギリス人女優エマ・ワトソン出演作!

劇場版ダウントンアビーでイギリス英語を学ぼう!無料で鑑賞できます

映画でイギリス英語を楽しもう♪007スペクターの感想やキャスト

イギリス英語の勉強になる映画はイギリス人俳優コリンファース出演作

映画でイギリス英語を楽しもう♪映画007カジノロワイヤルの感想!