イギリスでは色をcolorとは書かない?イギリス英語のcolorのスペルは?

クリスマスシーズン到来!街にはすてきなデコレーションやイルミネーションがたくさん♪

もうすぐ12月。街には、赤や緑でクリスマスデコレーションが飾られ始めていますね。

また、キラキラと寒い夜を明るく照らす素敵なイルミネーションも各地で開催されています。

コートや手袋が必要なこんな寒い季節には、明るく温かみのある色が店頭のディスプレイやデコレーションではたくさん使われています。

色ってとっても大事ですよね。

冬の装飾に多く使われている赤色緑色オレンジ色などは温かみを感じられ、見るだけで温かい気持ちになりますしね。

色は英語で「color」!!!

実はこの「color」のスペルはアメリカ英語であるということをご存知でしたか?

イギリス英語の「色」は少しだけスペルが異なります。

イギリス英語の「color」はどんなスペル?

イギリス英語の「color」のスペルは…

colour」(カラー) です!

おさらい

「色」は…

アメリカ英語(American English)は「color」
イギリス英語(British English)は  「colour」

今回アメリカ英語とイギリス英語のスペルが異なるというパターンをご紹介しましたが、「color」の語尾が「our」となるパターンは、実は「色(カラー)」だけではありません。

colourパターンでは他にはどんな単語があるの?

colour以外にも同じように語尾の「or」が「our」になる単語がイギリス英語にはいくつかあります。

それでは、ご紹介いたします。

【flavor(フレーバー):味】
アメリカ英語(American English)は「flavor」
イギリス英語(British English)は  「flavour

【behavior(ビヘイビアー):行い、ふるまい】
アメリカ英語(American English)は「behavior」
イギリス英語(British English)は  「behaviour

イギリス旅行やロンドン旅行をする際は、ぜひ看板や店頭の表記など、アメリカ英語とは異なるスペルが潜んでいることが多々ありますので、「アメリカ英語」の中から「イギリス英語」を探すゲームみたいな感覚でイギリス英語探しをすることをおすすめします!

イギリス英語は日本にいながらにしても見つけることはもちろんできます。

例えば、イギリスの本(イギリスで作成された洋書)やオンラインでBBCなどのニュースを読んでいても、イギリス英語のスペル表記がされている単語を見つけることが出来ます。

現地に旅行に行く前にイギリス英語に慣れているとより旅行中にスムーズに「イギリス英語」を見つけやすいので、ぜひ日本にいながらにしてもイギリス英語探しゲームをすることをおすすめします♪

関連記事

イギリス英語の勉強方法5選!本気で学習したい人におすすめ方法まとめ

エレベーターをイギリス英語ではリフト(lift)と言います!

Audibleでイギリス英語・英語学習におすすめ音声まとめ13選

映画はイギリス英語ではfilmと言い、アメリカ英語ではmovie

イギリス英語の勉強に最適な雑誌「多聴多読マガジン」イギリス英語特集

イギリス英語の勉強はオンライン英会話EFイングリッシュライブで♪