ビートルズのポップな曲で室内で歩くのにおすすめな10曲をご紹介!

ビートルズの歌を聴きながら室内ウォーキングして運動不足解消

おうち時間を楽しく体を動かして運動不足解消をしたいと思い、考えたのがポップな曲を聴いてテンションを上げながら、体を動かすこと。

そこで、今回は伝説の英国バンドであるビートルズのポップな曲10曲を選んで、それを聴きながら室内を歩くということにチャレンジしました。

ビートルズのポップな曲10曲を3回リピートして聴きながら室内ウォーキングしたところ、私のiPhoneのヘルスケアの歩数は…

10,605歩でした。

ヘルシーな状態に保つには1日約1万歩歩くことが一般的に推奨されていますので、狭い部屋でのランニングでも工夫をすれば1万歩達成できます。

あなたもビートルズウォーキングをして、おうち時間を楽しみましょう。

今、外に出るよりも安心ですし、好きな歌も聞けて、運動不足も解消できていいこと尽くしですのでおすすめです。

A Hard Day’s Night

“When I’m home,
Everything seems to be right.
When I’m home,
Feeling you holding me tight.
Tight, yeah.”
という部分が聞いていてふわふわした心地よい気分に包まれます。

Penny Lane

バンドメンバーが馬に乗って、そのあと紅茶飲むというなんともイギリスらしいMVです。

We Can Work it Out

サー・ポール・マッカートニーが、はにかみながら歌っているのが微笑ましいですね。

I Want To Hold Your Hand

I can’t hide, I can’t hide, I can’t hide!!!という部分が好きです。

She Loves You

With a love like that という部分がテンポよくて好きです。

Ob-La-Di, Ob-La-Da

“Ob la di, ob-la-da, life goes on, bra
La-la, how the life goes on”
という部分が楽しくて好きです。

I Feel Fine

I’m so glad that she’s my little girlという部分がかわいいですね。

Yellow Submarine

シュールでありながらカラフルなアニメのMVも面白いです。

Hello, Goodbye

サビでHello goodbye, hello goodbyeというコーラスがリズミカルで好きです。

Here Comes The Sun

Sun, sun, sun, here it comesという部分が好きです。

ビートルズの歌で気分を上げて体力もアップ♪

今回の記事ではビートルズのポップで室内で歩くときにおすすめな10曲をご紹介しました。

私はこの10曲を2周聴きながら家の中を歩いた時の歩数は10,605歩でした。

運動不足を解消できるだけでなく、これらのポップな曲からポジティブでいることの大切さを学ぶことができます。

特に、10曲目のHere Comes The Sunは、今のこの世の中に大切なメッセージが込められているように思います。

太陽のもと、みんなが笑顔でお出かけできるような日が一日でも早く来ることを願いながら、ポジティブな気持ちをもっておうち時間を楽しみましょう。

最後に、こちらのジェームズ・コーディンとポール・マッカートニーのリバプールでのThe Late Late Showも楽しくておすすめです。

関連記事

コールドプレイとBTSのコラボ新曲「My Universe」が最高

イギリスのロックバンド・クイーンの元気が出るヒット曲5曲をご紹介!!

エドシーランのノリのいいポップな曲で室内走るのにおすすめな曲紹介!

イングリッシュガーデンのバラや洋館好きにおすすめな曲「For You」MVの魅力

英米合同映画マンマ・ミーアの魅力的なキャストによる今聞きたい明るい4曲!