ズボンのイギリス英語は?アメリカ英語との違いは?パンツは?

洋服に関する言葉のほとんどが、英語のまま日本でも浸透している今日この頃。

例えば、ワンピース、スーツ、ジャケット、シャツ、ブラウス、ソックス…

ソックスの日本語は靴下…だけど、

ワンピースの日本語は?と聞かれても、ワンピースは日本語でもワンピースのため、靴下のように日本語がありません。

例をあげればきりがないくらい、たくさんのファッション用語は、英語の単語がそのまま日本で呼ばれています。

しかし、ある単語でイギリス英語の場合は、日本で呼ばれているそれとは違うものがありました。

それは、今あなたが履いている、パンツ!!!

いやいや、パンツはパンツでも、下着のパンツではなく、長いズボンのほうの「パンツ」のことです。

みんながパンツパンツと呼ぶ、パンツ(Pants)はアメリカ英語です。

では、パンツのイギリス英語は?

答えは…「trousers」です。(トゥラウザーズ)

念のため、オックスフォード現代英英辞典で単語を確認しましょう。

trousers…a piece of clothing that covers the body from the waist down and is divided into two parts to cover each leg separately.
腰から下の体を覆い、それぞれの脚を覆うために二つのパーツに分かれている洋服

(出典書籍: Oxford Advanced Learner’s Dictionary 現代英英辞典)

間違いなく、trousers はパンツ(pants)のことですね。

イギリスやロンドンでショッピングをしていいて、お店で試着した時に、「サイズはどう?」と聞かれた場合、きつかった時にはこう言いましょう。

These trousers are too tight for me.
(このパンツは私にはきつすぎる…)

イギリスでは一般的に、ズボン一本のことを「a pair of trousers」や、ズボンを「trousers」と言います。
英英辞典が示しているように、「二つに分かれてそれぞれの脚を覆うもの」という定義のため、trousersで一本のズボンなのです。
ズボンやパンツのことを「trousers」で表現するときは、必ず複数形の「s」をつけることを忘れないようにしましょう。

関連記事

イギリス英語の勉強方法5選!本気で学習したい人におすすめ方法まとめ

イギリス英語の勉強はハリーポッターと賢者の石の本をキャストの朗読動画や音声で

イギリス英語の勉強におすすめなハリーポッターシリーズ朗読音声一覧

イギリス英語を勉強してイギリス人らしい表現が身につくおすすめの本

ロンドンで人気のFish and Chipsのお店の感想!フィッシュアンドチップ...

ベネディクトカンバーバッチの英語はイギリス英語の音声学習教材です