ラグビーワールドカップ2019大会は日本が開催地!日程や試合会場は?

ラグビーの発祥の地はイギリス(イングランド)!RUGBYの母国!!

相撲の母国はニッポン!

バスケットボールの母国はアメリカ!

では、ラグビーの母国は?

そうです!ラグビーの母国はイギリス(厳密にはイングランド)です!

イングランド発祥ということで、
早速、ラグビーの歴史と解説をご紹介いたします。

“ラグビー”
イングランド発祥の競技ということもあり、ヨーロッパ(イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズ、フランス、イタリア。この内イングランド、スコットランド、アイルランド、ウェールズはホームユニオンと称される)ばかりでなく、オセアニア(オーストラリア、ニュージーランド、サモア、フィジー、トンガ)および南アフリカ、アルゼンチンで人気の競技である。
とりわけ英連邦諸国内ではサッカーやクリケットと並ぶ人気スポーツである。
ラグビーの起源は、「1823年、イングランドの有名なパブリックスクールであるラグビー校でのフットボールの試合中、ウィリアム・ウェッブ・エリスがボールを抱えたまま相手のゴール目指して走り出した」ことだとされている。
(出典元 Wikipedia)

確かに上記の情報を読むと、前回のラグビーワールドカップの出場国ばかりですよね。

ラグビーに詳しい人でなくても、この解説と歴史を読むだけで、なるほど!と感じた方も多いと思います。

ラグビーの基本情報!ラグビー初心者に向けて基礎の基礎をご紹介!

ラグビーは実際に競技をしている人や、競技に携わっている人でないと、なかなかルールや基本情報を知る機会がないと思います。

日頃ニュースのスポーツコーナーで、ラグビーの国際試合や国内試合の試合結果について放送されていても、サッカーや野球のように、なんとなくルールや得点方法がわかるというものでもないですしね。

そこで、簡単な基本的なラグビーの情報を、超初心者、ラグビーについて全くのビギナーです!という方向けに情報をまとめましたので、ご紹介します。

ラグビーには15人制や7人制など、様々な種類がありますが、今回は15人制ラグビーについての情報をお伝えします。

五郎丸さんが出場していた国際試合やワールドカップ、高校や大学で部活同があるラグビー、いわゆる世界で競技人口が最も多いラグビーが15人制ラグビーです。

15人対15人で行うスポーツで、相手チームと1つのボールを奪い合い相手の陣地に攻め入ります。

試合時間は前半40分、後半40分です。

前半と後半の間に10分間のハーフタイムがあります。

観戦している方はこの10分の間にお手洗いに行ったりホットドッグを買ったりできます。

試合中に席を立つと他の観客の方の視界の妨げにもなりますので、なるべくこのハーフタイムの時間を使って席を立つようにすると良いでしょう。

ラグビーのポジションは、おおまかに分けると二つに分けられます。

フォワードと呼ばれるスクラムを組む力強い8人と、バックスと呼ばれるスクラムの後方でトライを狙う7人、この二つのポジションに分かれて試合に臨みます。

得点はトライで5点を獲得。
(攻めている側が相手のゴールラインの向こう側{インゴールというエリア内に}にボールを持ち込んで地面にボールをタッチさせること)

トライのあとのキックで2点を獲得。
(ラグビーボールをキックして、ゴールポストと呼ばれるH形のゴール上部にボールが通過したら得点)

このトライを得るためにお互いの体を激しくぶつけ合い、ボールを奪い合い、攻防を繰り返し、最終的には得点の多さで勝ち負けを競います

試合終了後のことを「ノーサイド」と言います。
これは敵味方の区別なくお互いの健闘を讃えあうということです。I am on your side(私はあなたの味方です)
という言葉と比較して考えると分かるように、No sideということは、試合終了後は「敵味方関係なし!お互い頑張った!」ということです。

ラグビーの知識がなかったという方も、少しでもラグビーの情報を知ることで、もっとラグビーのことを知りたい!いつかラグビーをじっくり観戦したい!という気持ちが湧いてきたのではないでしょうか。

さらに詳しくラグビーのことを知りたい方は、日本ラグビーフットボール協会のウェブサイトで詳しいラグビー情報を得ることが出来ますので、ぜひウェブサイトをのぞいてみてください。

▽日本ラグビーフットボール協会公式ウェブサイト
https://www.rugby-japan.jp/
(出典元)

2019ラグビーワールドカップ大会の開催地は日本!

2018年もあと1か月。

2019年になると、待ちに待った…

ラグビーワールドカップ史上初めて
日本でラグビーワールドカップが開催されます。
(RUGBY WORLD CUP JAPAN 2019)

それでは、試合が行われる期間や開催場所についてご紹介します。

2019ラグビーワールドカップの開催期間は、
2019年9月21(土)から10月20日(日)まで開催

開催場所は日本全国12か所で20チームが戦います
20チームが4つのプールというグループに分かれて、
全40試合が開催されます。
(プールの組分けはスタジアム情報の後にあります)

首都の東京だけではなく全国で行われますので、自分のご自宅から近いスタジアムをぜひ探してみてくださいね。

ラグビーワールドカップ2019の試合会場全12か所を一挙ご紹介!
(1)  札幌ドーム
(2)  釜石鵜住居復興スタジアム
(3)  熊谷ラグビー場
(4)  東京スタジアム
(5)  横浜国際総合競技場
(6)  小笠山総合運動公園エコパスタジアム
(7)  豊田スタジアム
(8)  東大阪市花園ラグビー場
(9)  神戸市御崎公園球技場
(10) 東平尾公園博多の森球技場
(11) 熊本県民総合運動公園陸上競技場
(12) 大分スポーツ公園総合競技場

ラグビーワールドカップ2019!4プールの組分けを紹介!!
20チームが4つのグループに分かれて対戦します。

まず自分の属するプールの中で上位になることが、準々決勝、準決勝、決勝に進むためには不可欠なのです。
あなたはどのチームを応援しますか?

【プール A】
アイルランド
スコットランド
日本
ロシア
サモア

 

【プール B】
ニュージーランド
南アフリカ
イタリア
ナミビア
カナダ

 

【プール C】
イングランド
フランス
アルゼンチン
米国
トンガ

 

【プール D】
オーストラリア
ウェールズ
ジョージア
フィジー
ウルグアイ

あなたが観戦したいチーム・国は見つかりましたか?

きっとこのブログを読んでくださっている方は、
間違いなく…
イングランド・スコットランド・アイルランド・ウェールズを特に観戦したいという方が多いと思います。

アイルランドとスコットランドがいるプールAには日本もいますので、対戦が今からとても楽しみですね!

詳しい試合日程やチケットなどの情報は
ラグビーワールドカップ2019日本大会の公式ホームページからご確認ください。

▽ラグビーワールドカップ2019日本大会公式ホームページ
https://www.rugbyworldcup.com/tickets

ラグビー発祥の地イングランドのラグビーは?トップリーグは?

サッカー・フットボールのイングランドのトップリーグのことを、プレミアリーグと言いますが、イングランドのラグビーのトップリーグの名前も似ています。

その名前は、Premiership(プレミアシップ)です。

プレミアシップ(Premiership)は、イングランドラグビーユニオンのトップリーグのことで、現在の12チームが参加しています。

イングランドラグビーユニオンのトップリーグ、プレミアシップの詳しい情報については、公式ホームページをご確認ください。

▽プレミアシップ(Premiership)公式ホームページ
https://www.premiershiprugby.com/

2019年にラグビーワールドカップが日本で開催されますが、ワールドカップを観戦する前にラグビー観戦に見慣れておきたい、ルールを覚えたいとお思いの方は、ぜひイギリス・ロンドン旅行の際に、プレミアシップのラグビー観戦プランも旅行のプランに加えてみてはいかがでしょうか。

プレミアシップは毎年9月から5月にかけて開催されていますので、その間にイギリス・ロンドン旅行を計画されている方はぜひ試合日程をチェックしてみてください。

日本で世界最高峰のラグビーの試合を見る方法は?ラグビーワールドカップ前までに予習しよう!

部活や社会人でラグビーをしている現役ラグビー選手なら、世界最高峰のラグビーの試合をたくさん見て、技術を盗みたいですよね?

ラグビー選手ではないというあなたでも…
これから、ラグビーのことをもっと知りたい!
世界のトップリーグの試合を見たい!と思われた方に朗報です。

実は、…日本にいながらにして、世界最高峰のリーグや、欧州トップリーグの試合を観戦することができます。

私がおすすめするWOWOWなら、ラグビー欧州6か国対抗戦シックス・ネーションズやフランストップリーグTOP14をご自宅で視聴することができます。

さらに、番組によっては、パソコン、スマホ、タブレットからラグビー観戦だけでなく、3,000本以上の番組が“いつでも、どこでも”無料で楽しめるオンデマンドサービスもあります。

日本では世界最高峰レベルや欧州のラグビーを観るチャンスがないと思っていた方は、日本にいながらにして世界のTOPレベルのラグビーが簡単に見ることが出来ますので、安心してください…日本でもラグビー観戦ができます!
↓ラグビーの放送について詳しくはこちらからご確認ください。
WOWOW_新規申込

ラグビー発祥国のイングランドでラグビー観戦をしよう♪
イギリス旅行・ロンドン旅行をお得に予約する方法は?

ラグビーの本場、イングランドのトップリーグのプレミアシップの試合を観戦したい!と思い立って、イギリスやロンドン旅行をするぞ!と決めてから、具体的にフライトとホテルを予約するとき、サクッと簡単に予約ができたらいいなと思ったことありませんか?

そこで、簡単にフライトやホテルを予約できるおすすめの旅行サイトがあります!

私のおすすめの旅行サイトはこちら!
ロンドン旅行の宿泊&フライト予約

関連記事

ロンドン旅行に行きたいけど英語が話せないので不安な方向け教材は?

イギリスのロックダウンに学ぶ生活必需品買い物リスト完全保存版!

イギリス国内ブランド別紅茶ティーバッグ売上げランキングトップ10

イギリスで開催の全英オープンテニスとは?ウィンブルドンの場所は?

イギリスのブライトン発!紅茶ブランドBird & Blend Tea Co.

セントアンドリュースはスコットランドにある世界最古のゴルフ場!