ダウントンアビーのレシピ本で料理をして気分はダウントンアビー♪

イギリスのドラマ「ダウントンアビー」のレシピ本でダウントンアビー気分

英国の大ヒットドラマ「ダウントンアビー」の数々の食事シーンに登場したお料理のレシピが掲載されているレシピ本があることをご存知でしたか?

ダウントンアビー好きな人にとっては、お食事シーンも、イギリスらしさを感じるシーンのひとつでもありますよね。食器のデザインやカラーの素晴らしさや、食べるのがもったいないと思えるほど美しいお料理、美味しそうなお料理など…。

そこで、今回の記事では、ダウントンアビー好きな人や、イギリスの貴族のお料理に興味がある人向けにダウントンアビーのレシピ本についてご紹介します。

「<公式>ダウントン・アビー クッキングレシピ」で、ダウントンアビーが日常に♪


<公式>ダウントン・アビー クッキングレシピ

著: アニー・グレイ
監修: 村上リコ
翻訳: 上川典子

著者アニー・グレイさんの情報は以下の通りです。

  • イギリス有数の食物史家
  • オックスフォード大学、ヨーク大学、リバプール大学にて学位を取得
  • 現在はヨーク大学にて名誉研究員
  • BBC Radio 4で人気の料理番『Kitchen Cabinet(台所の戸棚)』に食物史家としてレギュラー出演している
  • イギリスのさまざまなテレビ番組の料理監修やガイド役も務める

本のみどころ:

  • 「ダウントン・アビー」という、エドワード朝時代以降の1912年から1925年のイギリスを舞台に、カントリーハウスに暮らす貴族や使用人たちの人間ドラマの中で出てたお料理を知ることができる。
  • 100を超える当時の英国料理のレシピにたっぷりの情報を添えて、ダウントンの階上(アップステアーズ)と階下(ダウンステアーズ)、双方の食と習慣を紹介する豪華レシピ本。
  • 専門的でありつつも生き生きと楽しい解説、イメージを膨らませてくれるセリフ抜粋、見覚えのある場面の美しい写真を通して、カントリーハウスにおける伯爵家の暮らしが鮮明にイメージできます。

ダウントンアビーが好きな人は、ドラマを見ながら料理をしたり、作った料理を食べながらその料理が登場するシーンを見たりと、楽しみ方が膨らみますね。

ダウントンアビーをまだ知らない方は、この本に掲載されている食器やお料理が洗練されていて、どれもが美しいので、イギリスの食器やイギリス料理に魅了されて、イギリス好きになるきっかけになる本になるかもしれません。

ダウントンアビーマニア、イギリス料理マニアなら必読書とも言えるこのレシピ本に掲載されているお料理を作っていただくことで、優雅なおうち時間を過ごしましょう


関連記事

としまえん跡地にハリーポッターのスタジオツアー東京が2023年開園

Tetley(テトリー)の紅茶を飲んだ感想!おうちでイギリス気分♪

ファミマスイーツのオレンジアールグレイの紅茶シフォンサンドでイギリス気分♪

大英博物館のロゼッタストーンが家で見られる?美術作品無料公開中!

イギリス・ロンドン生まれのスムージー!イノセントの魅力をご紹介!

アフタヌーンティーat赤坂プリンスクラシックハウス内ラメゾンキオイの感想